エッセンシャルオイルの光毒性について

エッセンシャルオイルの中には、光毒性と呼ばれる現象を引き起こすものがあります。光毒性とは、特定のエッセンシャルオイルが肌に塗布された後、紫外線の影響を受けると、肌刺激や炎症、色素沈着などの反応が起こることを意味します。

光毒性には精油に含まれる「ベルガプテン」の量が影響しています。特に柑橘系のエッセンシャルオイル(レモン、ライム、グレープフルーツ、ベルガモットなど)が光毒性のリスクがあるとされています。

光毒性のリスクを最小限に抑えるためには、以下の点に注意する必要があります:

  1. 適切な希釈:エッセンシャルオイルを使用する際は、必ずキャリアオイルと適切に希釈して使用しましょう。希釈によって光毒性のリスクが軽減されます。
  2. 日光や紫外線の避ける:光毒性のあるエッセンシャルオイルを使用した後は、数時間は日光や紫外線を避けることが重要です。肌が光にさらされると、光毒性反応が引き起こされる可能性が高まります。
  3. 感作反応のチェック:新しいエッセンシャルオイルを使う前には、パッチテストを行って光毒性反応が起こらないか確認しましょう。小さな部分に希釈したエッセンシャルオイルを塗布し、24時間以上経過してから光に当ててみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました