キャリアオイルって何?

キャリアオイル(Carrier oil)は、植物由来の油であり、一般的にはエッセンシャルオイルやアロマテラピーのベースとして使用されます。キャリアオイルは、エッセンシャルオイルを希釈し、肌への直接的な使用を可能にする役割を果たします。

キャリアオイルは、植物の種子、実、果実、ナッツ、種子の核、種子の胚芽などから抽出されます。代表的なキャリアオイルには、オリーブオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイル、グレープシードオイル、ホホバオイル、アボカドオイルなどがあります。それぞれのオイルには独自の特性や利点があります。

キャリアオイルは、エッセンシャルオイルの希釈に使われるだけでなく、肌への直接的な応用やマッサージオイル、ヘアケア製品、ボディローション、クレンジングオイルなどの製品にも使用されます。また、キャリアオイル自体にも栄養素や保湿効果があり、肌を柔軟で健康的な状態に保つことができます。

キャリアオイルは通常、エッセンシャルオイルとの相性や希釈の度合いによって異なる特性を持ちます。エッセンシャルオイルの希釈に使用する場合、一般的な目安としては1-5%の割合で混合することが一般的ですが、特定の目的や使用方法によって適切な割合を選ぶ必要があります。

キャリアオイルは、エッセンシャルオイルの効果を最大限に引き出すために重要な役割を果たすため、適切なキャリアオイルの選択と使用方法の理解が重要です。また、個々の肌タイプやアレルギーに対する反応を考慮して、適切なキャリアオイルを選ぶことも重要です。

エッセンシャルオイルとキャリアオイルの違い

エッセンシャルオイルとキャリアオイルは、両方とも植物から作られるオイルですが、それぞれに特徴があります。

エッセンシャルオイルは、植物の葉や花などの香りの強い部分から作られ、水蒸気蒸留法などで取り出されます。エッセンシャルオイルは、とても良い香りがするだけでなく、体にいろんな効果があります。しかし、時間が経つと効果がなくなることもあります。

一方、キャリアオイルは、植物の種や実の中の油分を絞り出して作られます。キャリアオイルは、エッセンシャルオイルほど強い香りはありません。主に肌の保湿やマッサージに使わます。キャリアオイルは酸化する可能性があるから、保存には注意が必要です。

つまり、エッセンシャルオイルは良い香りや効果があり、キャリアオイルは保湿やマッサージに使えます。使うときには、適切な方法で使い方や保存方法を守ることが大切です。

アロマテラピーでキャリアオイルとして一般的に使用される植物油の例

アーモンドオイル
アプリコットカーネルオイル
アボカドオイル
ルリヂサ種子油
ツバキ種子油(茶油)
ココナッツオイル、分別
ココナッツオイル、バージンオイル
クランベリー種子油
月見草油
グレープシードオイル
ヘーゼルナッツオイル
ヘンプシードオイル
ホホバ
ククイナッツオイル
マカダミアナッツオイル
メドウフォームオイル
オリーブオイル
ザクロ種子油
ローズヒップオイル
胡麻油
ひまわり油
スイカ種子油

コメント

タイトルとURLをコピーしました