キャリアオイルの保管方法

キャリアオイルの保管方法は以下の通りです。

  1. キャリアオイルは、壊れやすいものや長期保存する場合は、蓋がしっかりと閉まる濃い色のガラス瓶に入れて保管しましょう。アンバーまたはコバルトのボストンラウンドボトルが最適です。
  2. オイルを寿命のかなり前に使い切る場合は、特に移し替える必要はありません。一部のサプライヤーは、キャリアオイルをプラスチックボトルに梱包して提供していることがあります。これは一時的な保管には問題ありません。ただし、キャリアオイルは長期間保管する場合はガラス瓶に移すことをおすすめします。
  3. エッセンシャルオイルとは異なり、キャリアオイルはプラスチック容器に保管することができます。ただし、エッセンシャルオイルはプラスチックを溶かす可能性があるため、常にガラス瓶に保管する必要があります。
  4. 大部分のキャリアオイルは冷蔵庫で保存することができます。特に壊れやすいオイル(例:ルリヂサ種子油)の寿命を延ばすために冷蔵庫で保管することが推奨されます。
  5. アボカドオイルは冷蔵庫に保管しないでください。冷蔵庫に保管すると凝固したり曇ったりする場合がありますので、使用する前に室温に戻す必要があります。

以上がキャリアオイルの保管に関する基本的な情報です。適切な保管方法を守ることで、オイルの品質と寿命を最大限に保つことができます。

キャリアオイルの品質と酸化の兆候

キャリアオイルは時間の経過とともに酸化し、腐敗臭を放つことがあります。エッセンシャルオイルとは異なり、キャリアオイルは天然の脂肪酸や抽出方法などの要素によって、酸化が進む速度が異なります。キャリアオイルが腐敗している可能性がある場合、強い苦い香りがします。新鮮なキャリアオイルと比較して、香りの違いを確認することができます。

キャリアオイルを購入する際は、天然で純粋なものを選ぶことが重要です。ただし、ビタミンEとして追加された天然の防腐剤を含むキャリアオイルの購入も例外です。ビタミンEは一般的にトコフェロールとして表示され、天然のキャリアオイルの品質を保つ役割を果たします。

植物性バターをキャリアオイルとして使う

植物性バターはキャリアオイルではありませんが、ココアバターやシアバターなどの植物性バターはアロマテラピーに適した脂質として利用されます。これらの植物性バターは固体状態であり、植物油と似た特性を持っています。購入する際には、バターの抽出方法を確認することが重要ですし、できる限りコールドプレスされたバターを選ぶことをおすすめします。

キャリアオイルとディフューザー

ほとんどのネブライザーやディフューザーを使用する場合は通常、キャリアオイルは必要ありません。ディフューザーの取扱説明書を確認するか、メーカーにお問い合わせいただくことをおすすめします。

キャリアオイルガイド

キャリアオイルガイドでは、アロマセラピー、スキンケア、ヘアケアに使用される24種類のキャリアオイルのプロフィールと特性を詳しく紹介していく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました