芳香蒸留水(ハーブウォーター)って何?

芳香蒸留水はハーブウォーター、ハイドロゾル、フローラルウォーターとも呼ばれています。

植物から花や葉、茎、果実などの部分を水蒸気で加熱し、その蒸気を冷却して得られる水溶性の液体です。このプロセスによって、植物の香りや成分が水中に溶け出し、芳香蒸留水が作られます。芳香蒸留水はアロマテラピー、自然派スキンケア、フレグランスなどさまざまな目的で使用され、植物の特定の香りや効果を楽しむことができます。

芳香蒸留水はエッセンシャルオイルと比べてとても優しい性質を持っています。エッセンシャルオイルは、肌に使う前に必ず薄める必要がありますが、芳香蒸留水はそのままでも安全に肌に使うことができます。芳香蒸留水は、お肌をいたわりながら使えます。

芳香蒸留水は自然な香りや保湿効果がある水で、さまざまな使い方があります。例えば、天然のフレグランスやローション、クリーム、化粧水などのスキンケア製品を作るときに、ヒドロゾルを水の代わりに使うことができます。お風呂に加えることもできて、ライトコロンやボディスプレーとしても使えます。また、ヒドロゾルをフィンガーボウルに入れて使うと、エレガントでロマンチックなディナーの雰囲気を楽しむこともできます。

芳香蒸留水はさまざまな植物の種類があります。例えば、クロモジ、ローズマリー、柚子、ジャーマンカモミール、レモングラスなどがあります。これらの植物から作られた芳香蒸留水は、さまざまな方法で使うことができます。

フローラルウォーターという言葉には注意してください

フローラルウォーターという言葉は正式なものではないので、単に、エッセンシャルオイルと水等をブレンドしてフローラルウォーターとして販売している場合があります。原材料をしっかりと確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました